タスク マネージャーの見方(Memory)

Last Update: feedback 共有

本記事はマイクロソフト社員によって公開されております。

こんにちは、Windows サポートチームの栗木です。
本記事では、タスク マネージャーで物理メモリ、仮想メモリ、システム領域のメモリ使用量を確認する方法をご紹介いたします。なお、スクリーンショットは、Windows 10 20H2 のものを使用しています。

適用対象の OS

  • Windows 10
  • Windows Server 2012
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2019

物理メモリ

まず、物理メモリの情報である ハードウェア予約済み使用中利用可能キャッシュ済み 項目について説明いたします。


物理メモリは以下のいずれかの状態をもちます。それぞれの内訳は、リソース モニターで確認ができます。

  • ハードウェア予約済み (Hardware Reserved)
    BIOS または他の周辺機器のドライバーで使用するために予約されたメモリ

  • 使用中 (In Use)
    プロセス、ドライバーまたは OS によって使用されているメモリ

  • 変更済み (Modified)
    他の用途で使用する前にディスクへの書き込みが必要な内容が含まれているメモリ

  • スタンバイ (Standby)
    キャッシュ データやアクティブに使用されていないコードが含まれているメモリ

  • 空き (Free)
    現在、使用されておらず、プロセス、ドライバーまたは OS にメモリが必要になったとき最初に使用されるメモリ領域

タスク マネージャーには ハードウェア予約済み使用中 の使用量は、そのまま表示されていますが、他の状態はまとめられて表示されています。利用可能 は、[スタンバイ + 空き] であり、キャッシュ済み は、[変更済み + スタンバイ] になります。

メモリ管理の仕組みとしては、物理メモリが必要になると、最初に 空き が使われ、足りない場合は、スタンバイ にあるデータを解放し、その領域が使われます。そのため、空き が少なくなったからといってすぐに物理メモリ不足が発生するわけではありません。

さらに詳細に物理メモリの使用状況を確認したい場合は、RAMMap というツールがございますので、こちらをご活用ください。

仮想メモリ

次に、仮想メモリの情報である コミット済み 項目を説明いたします。

仮想メモリは、以下のいずれかの状態をもちます。

  • 空き (Free)
    予約でもコミット済みでもない領域

  • 予約 (Reserved)
    将来で使用するためにあらかじめ予約されたメモリ

  • コミット済み (Commited)
    コミットされたメモリ

タスク マネージャーには、コミット済み の情報が表示されており、コミット済み 項目の左側は、コミット済みになった仮想メモリ、右側は、仮想メモリの最大値(コミット リミット)を表しています。仮想メモリの最大値は、[物理メモリ + ページング ファイル] になり、ページング ファイルの設定を可変サイズにすると仮想メモリの最大値は変化します。
ページング ファイルのサイズを “すべてのドライブのページング ファイルのサイズを自動的に管理する” に設定している場合、環境に依存しますが、最大物理メモリの3倍までページングファイルは自動的に拡張されます。拡張される動きを確認したい場合は、Testlimit というツールがございますので、このツールを使用して意図的にメモリを確保すれば確認ができます。

コミット済みになった仮想メモリは、物理メモリまたはページングファイル上に割り当てが可能な状態になります。ただ、コミット済みになったメモリへアクセス(読み書き)がまだ発生していない段階では、メモリが割り当てられないため、コミット済みになった仮想メモリ量は、必ずしも物理メモリとページング ファイルに割り当てられたメモリ量と一致しません。そのため、物理メモリにまだ余裕があっても仮想メモリ不足が発生し、システムが不安定になる可能性があります。

仮想メモリをコミットした段階で、コミット済み 項目の値のみ変化し、物理メモリの使用量は変化しないことやコミットした仮想メモリへアクセスが発生した時にはじめて物理メモリの使用量が上昇する動きは、以下のプログラムで確認できます。エラーハンドリングはしていませんので、実行する場合は、必ず仮想メモリに 6GB 以上の空き容量があるテスト環境を使用してください。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
// コンパイル方法: Visual Studio のコマンドライン ツールより
// cl filename.cpp
#include <stdint.h>
#include <windows.h>
#include <memoryapi.h>
#define GIGA 1024*1024*1024
int main(int argc, char *argv[]){
int32_t *lpBase[5];
// COMMIT(参考画像1)
for(int i = 0; i < 5; i++){
lpBase[i] = (int32_t *)VirtualAlloc (NULL, GIGA, MEM_COMMIT, PAGE_READWRITE);
Sleep(2000); //動作を確認しやすくするため
}

// WRITE(参考画像2)
ZeroMemory(lpBase[0], GIGA);

// DECOMMIT(参考画像3)
for(int i = 0; i < 5; i++){
Sleep(2000); //動作を確認しやすくするため
VirtualFree (lpBase[i], GIGA, MEM_DECOMMIT);
}
return 0;
}

参考画像0:プログラム実行前

参考画像1:コミット後

参考画像2:書き込み後

参考画像3:デコミット後


システム領域(ページ プールと非ページプール)

3つ目に、システム領域のメモリ情報である ページ プール非ページ プール 項目を説明いたします。

システム領域は、使用されていないときにページ アウトできる ページ プール とページ アウトできない 非ページ プール に分けられ、タスク マネージャーには、それぞれの使用量が表示されています。ページ プール のデータは、物理メモリまたはページングファイル上にあるのに対し、非ページ プール のデータは、常に物理メモリ上に存在しています。
環境によって異なりますが、目安として、ページ プール非ページ プール の使用量が物理メモリに対して8割を超えているまたは 5GB を超えている場合、システム領域でメモリ リークが発生している可能性が疑われます。

残念ながら、どの処理がメモリ リークを発生させているかは、タスク マネージャーでは確認できません。メモリ リークの原因調査は、Windows Performance Toolkit で提供されている Windows Performance Recorder (WPR) を使い、メモリ リークが発生している時にログ採取を行い、Windows Performance Analyzer (WPA) で採取したログを解析する必要があります。

PowerShell による情報の取得方法

最後に、メモリ関係の情報を PowerShell で取得する方法をご紹介いたします。
取得方法は、WMI オブジェクトからメモリ関係やパフォーマンス カウンターのプロパティを参照してください。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
$wmiobject = Get-WmiObject Win32_OperatingSystem
# 仮想メモリ サイズ(コミット リミット)
Write-Output "Total Virtual Memory Size (KB): $($wmiobject.TotalVirtualMemorySize.tostring("#,0"))"
# 物理メモリ サイズ
Write-Output "Total Visible Memory Size (KB): $($wmiobject.TotalVisibleMemorySize.tostring("#,0"))"
# ページングファイル サイズ
Write-Output "Size Stored In Paging Files (KB): $($wmiobject.SizeStoredInPagingFiles.tostring("#,0"))"

# 利用可能な仮想メモリ サイズ
Write-Output "Free Virtual Memory (KB): $($wmiobject.FreeVirtualMemory.tostring("#,0"))"
# 利用可能な物理メモリ サイズ
Write-Output "Free Physical Memory (KB): $($wmiobject.FreePhysicalMemory.tostring("#,0"))"
# 利用可能なページファイル サイズ
Write-Output "Free Space In Paging Files (KB): $($wmiobject.FreeSpaceInPagingFiles.tostring("#,0"))"

$wmiobject = Get-WmiObject Win32_PerfFormattedData_PerfOS_Memory
# ページ プール使用量
Write-Output "Pool Paged Usage (KB): $(($wmiobject.PoolPagedBytes / 1024).tostring("#,0"))"
# 非ページ プール使用量
Write-Output "Pool Non Paged Usage (KB): $(($wmiobject.PoolNonPagedBytes / 1024).tostring("#,0"))"

参考 URL

変更履歴

  • 2021/05/10 : 本 Blog の公開